中学受験は塾と子供の相性が重要!志望校合格へのカギ

塾の本質を知れば中学受験を制す!

中学受験用の塾選びは、「クラスメイトが通っているから通わせる」「近所だから安心」という理由で選ぶのは禁物。志望校に合格させるためには、塾の本質を知ってから子供にピッタリかどうかを見極めるのが重要です。では、塾選びは何に着目すれば良いのでしょうか?

塾の本質把握が中学受験へのカギ!

勉強

合格実績が高いと中学受験に有利?

塾探しで、やりがちなのが合格実績。塾の信頼性をチェックするにはちょうどいいですが、子供にピッタリとは限りません。塾の合格実績だけに惑わされず、スモールステップを考慮して探すべきです。

スモールステップが重要!

最初から、大きな目標を掲げるのではなく、小さな目標をコツコツ積み上げて最終目標を達成するのがスモースルテップ。子供の学力に見合ったスモールステップに沿った学習プランを作ってくれるのかが塾選びの肝となります。

スモールステップでどんなカリキュラムを構築?

志望校合格のために、どういう基準で目標を切り分けているのか、子供にどんな動機付けをするかを名古屋の塾毎でチェックしましょう。

週テスト方式

毎週決められた単元を学び、その成果を試すために週末テストを行うのが週テスト方式。頑張れば、良い点が取れるという成功体験を子供に味あわせられるメリットがあります。

復習方式

授業で習ったことを反復練習して身につけさせるのが復習方式のスタイル。毎回の課題は多めですが、目の前のことに集中する力を養えるのが特徴です。

中学受験は塾と子供の相性が重要!志望校合格へのカギ

子供

どんな形式の塾にすればいいのか?

中学受験において、週テスト方式と復習方式のどっちの塾を選ぶかが志望校合格への分かれ道になります。週テスト方式は、目先のテスト点数にとらわれてしまい、総合的な学力を身につけられない可能性もありえます。復習形式だと、大量の宿題から消化不良に陥る危険性も。双方のデメリットも把握しておけば、本当に子供にぴったりな塾探しにつながります。

女生徒

それぞれの形式ではどんなタイプの子がおすすめ?

週テスト方式なら、メリハリをつけて物事に取り組めるタイプの子供におすすめです。復習形式の塾だと、コツコツと勉強を頑張れるタイプの子供が向いています。果たして、子供はどっちのタイプに属しているのでしょうか。「自身の子供だからこの塾なら大丈夫だろう」と頭ごなしに決めず、塾見学や体験学習でマッチングするかを見極めましょう。

子供と塾の相性がお受験を左右する!

塾は、ただ勉強を教えているだけの施設ではありません。塾毎で学習スタイルが異なるので、それを見極めてこそ中学受験の成功につながります。名古屋での塾探しは、実績や学習方式、子供との相性が抜群なのかを見極めるのが得策です。